有田焼の始まり 400年前、李参平率いる陶工集団が陶石を発見し、
日本で最初の磁器焼成に成功した場所、泉山磁石場です。

HISTORY OF THE ARITAYAKI有田焼の歴史

世界に名高い、日本を代表する伝統工芸品、有田焼のすべて。

国内はもちろんのこと、海外でも高い評価を受けてきた有田焼

佐賀県西部に位置する日本磁器発祥の地、有田。17世紀初頭(江戸時代初頭)に李参平が有田・泉山で磁器の原料となる陶石を発見し、我が国最初の磁器を焼きました。それ以降、多くの陶工たちが一斉に磁器の 製作に取り組み、一大産地を形成していきました。

17世紀半ばから長崎の出島を通じて、ヨーロッパに大量の有田焼が輸出され、王侯や貴族を魅了し、ドイツのドレスデンのオーガスタ王は有田焼を参考に自国内で磁器を焼かせるほどになったのです。

有田に開花した磁器は、400年の伝統と技法を守り、磨きをかける傍ら、若い作家や大小工房も意欲作を作り出しています。

有田焼の代表的な3つの様式
「古伊万里様式」「柿右衛門様式」「鍋島藩窯様式」の3つです。

GLOSSARY ARITAYAKI有田焼用語集

有田焼に関する用語について

お問い合わせ

有田陶磁の里プラザへのお問い合わせは、入力フォームより送信してください。
お急ぎの方は、各店舗へ直接お問い合わせください。

HOMEサイトポリシープライバシーポリシーお問い合わせ